2017年11月22日水曜日

深センB株(中国株)の200625、200726を内藤証券で買い増し

内藤証券Succe-s tradeでの香港市場銘柄(中国株)の少額購入は現地手数料があまりに痛かった」でも書いていたように、昨日は香港市場銘柄の購入で失敗をしてしまいました。

そんな中ではありますが、今日も内藤証券で中国株を買い増しです。重慶長安汽車(チョンチンチャンアン・オートモービル)、魯泰紡織(ルータイ・テキスタイル)と深センB株を買い増し。

以下が、約定明細なのですが、国内手数料は私はキャンペーン期間中でキャッシュバックされるので、実質の手数料は現地でかかる部分となります。深セン株、上海株など本土市場銘柄は、内藤証券は非常にお得ですね!!

・重慶長安汽車(チョンチンチャンアン・オートモービル)

受渡日 17/11/28
約定株数200 株
約定単価(外貨) 9.040 HKD
売買代金(外貨) 1,808.00 HKD
約定状態全部約定
現地手数料(外貨)9.04
現地取引税(外貨) 0.58 HKD
その他(外貨) 0.90 HKD
現地受渡代金(外貨) 1,818.52 HKD
約定為替14.54
受渡代金(円貨)26,441 円
国内手数料(円貨)500 円
消費税(円貨)40 円
受渡金額(円貨)26,981 円

スポンサーリンク

・魯泰紡織(ルータイ・テキスタイル)

受渡日 17/11/28
約定株数 200 株
約定単価(外貨) 8.480 HKD
売買代金(外貨) 1,696.00 HKD
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 8.48
現地取引税(外貨) 0.54 HKD
その他(外貨) 0.85 HKD
現地受渡代金(外貨) 1,705.87 HKD
約定為替 14.54
受渡代金(円貨) 24,803 円
国内手数料(円貨) 500 円
消費税(円貨) 40 円
受渡金額(円貨) 25,343 円

これで、重慶長安汽車(チョンチンチャンアン・オートモービル)は合計400株(@9.64HKD)、魯泰紡織(ルータイ・テキスタイル)も合計400株(@8.61)の保有となりました。

円貨での約定代金の合計は、重慶長安汽車(チョンチンチャンアン・オートモービル)が57,670円、魯泰紡織(ルータイ・テキスタイル)が51,623円ということで、どちらも5万円を突破。

中国株全体の約定代金の合計も70万円弱にまで増加していて、ポートフォリオでの存在感も日増しに大きくなっています。ただ、ここから先は今年は大きく増やすことはないと思います。

最近の私の新興国投資のポートフォリオはFXに偏っていて、それもトルコリラ、メキシコペソに偏っていました。新興国の雄である中国にも投資しておきたいということもあり、意識的に増強していたところもあるのでした。

そして、そのFXのトルコリラなのですが、今日もパートナーズFXnano口座で100通貨(@28.182)の買い増しを実行しています。これで、パートナーズFXnano口座での合計は2,400通貨(@30.659)となっています。

あと、私名義の松井証券口座で現金捻出のためのクロス取引を実行。現物で400株保有しているゲンダイエージェンシーの100株を現物売りと信用買いでクロス取引して、現金の捻出をしました。

そして、そのゲンダイエージェンシーの現物の取得単価は571円だったのですが、約定単価は544円ということで、損失確定にもなっていて、わずかながらの節税でもあります。

まあ、売買手数料がかかっているので、節税と呼べるレベルではありませんが(笑)

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

(11/23) FXなのですが、私名義のSBIFXトレード口座で約定がありますので、記録しておきます。

まず、米ドル円なのですが、為替レート112.0680から111.1195まで細かく買い下がりをしていて、210通貨の買い増しです。ただ、大半は112円台の買い増しなので、取得単価はあまり引き下げ出来ませんでした。これで、私名義のSBIFXトレード口座の米ドル円(買)の合計は440通貨(@112.1126)となりました。

そして、豪ドルスイスフランも買い増ししています。為替レート0.748450で50通貨の買い増しで、私名義のSBIFXトレード口座の豪ドルスイスフラン(買)の合計は2,600通貨(@0.762195)となっています。

このFXの約定に際しては、生活費用の銀行口座から7,000円を追加入金しているのですが、株式投資であろうとFX投資であろうと、新規資金の投入はしないと決めているので、松井証券から出金の手配はしてあります。

2017年11月21日火曜日

内藤証券Succe-s tradeでの香港市場銘柄(中国株)の少額購入は現地手数料があまりに痛かった

マネックス証券で購入していたしていた中国株の香港市場銘柄である01508中国再保険(チャイナ・リインシュランス)、03818中国動向(チャイナ・ドンシャン)を内藤証券を利用して買い増ししました。

また、マネックス証券で買おうかとも迷っていたのですが、現在私は内藤証券は売買手数料がキャッシュバックされる期間中なので、現地手数料はかかるものの試してみようと。

内藤証券では、深センB株を購入していて、その約定明細を見ていると、現地でかかる手数料の合計は中国南玻集団の場合で8.51HKD。日本円に換算すると123円ほどの金額です。

売買手数料はキャッシュバックされるのですから、実質の手数料の負担は、この123円です。

そう考えると、やはり香港市場銘柄も内藤証券で買ってみようかなということで、01508中国再保険(チャイナ・リインシュランス)、03818中国動向(チャイナ・ドンシャン)を購入してみました。

そして、約定明細を見ていると現地手数料の数字に目が点に・・・。現地手数料だけで、何と50HKD。現地取引税、その他を含めた合計は52.11HKDとなっています。52.11HKDだと円換算すると760円ほどの金額となってしまいます。

香港市場銘柄の方が深セン市場より高いはずはないだろうと勝手に考えていたのですが、そこには思わぬ落とし穴がありました。

今さながらに内藤証券の現地手数料を調べてみると、香港市場銘柄は最大で外貨建約定代金の0.25%、上海・深セン市場銘柄は最大で同0.5%なのですが・・・。

ただし、香港市場銘柄の場合は最低50HKDという、見落としてはならない取り決めがありました。50HKDだと、これだけでマネックス証券の買付手数料を超えてしまいます。マネックス証券は現地手数料などはかかりませんから、香港市場銘柄を内藤証券で買う必要はありませんでした。

スポンサーリンク

以下は、今日、内藤証券で購入した香港市場銘柄の中国再保険(チャイナ・リインシュランス)、中国動向(チャイナ・ドンシャン)と、昨日、内藤証券で購入した深セン市場銘柄の中国南玻集団の約定明細です。

・中国再保険(チャイナ・リインシュランス)

受渡日 17/11/27
約定株数 1,000 株
約定単価(外貨) 1.680 HKD
売買代金(外貨) 1,680.00 HKD
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 50.00
現地取引税(外貨) 0.13 HKD
その他(外貨) 2.00 HKD
現地受渡代金(外貨) 1,732.13 HKD
約定為替 14.57
受渡代金(円貨) 25,237 円
国内手数料(円貨) 500 円
消費税(円貨) 40 円
受渡金額(円貨) 25,777 円

・中国動向(チャイナ・ドンシャン)

受渡日 17/11/27
約定株数1,000 株
約定単価(外貨) 1.380 HKD
売買代金(外貨) 1,380.00 HKD
約定状態全部約定
現地手数料(外貨)50.00
現地取引税(外貨) 0.11 HKD
その他(外貨) 2.00 HKD
現地受渡代金(外貨) 1,432.11 HKD
約定為替14.57
受渡代金(円貨)20,865 円
国内手数料(円貨)500 円
消費税(円貨)40 円
受渡金額(円貨)21,405 円

そして、以下は深セン市場銘柄の中国南玻集団の昨日の約定明細となります。

受渡日 17/11/24
約定株数 300 株
約定単価(外貨) 4.870 HKD
売買代金(外貨) 1,461.00 HKD
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 7.31
現地取引税(外貨) 0.47 HKD
その他(外貨) 0.73 HKD
現地受渡代金(外貨) 1,469.51 HKD
約定為替 14.51
受渡代金(円貨) 21,322 円
国内手数料(円貨) 500 円
消費税(円貨) 40 円
受渡金額(円貨) 21,862 円

うーん。やはり香港市場銘柄の現地手数料50HKDは痛すぎます。ただ、2銘柄の購入で気づいたので、まだ良かったです。ただ、私の場合は、とりあえず試しに何でもやってみるというようなところがありますので、こういったことは今後も起きると思います(笑)

あと、FXなのですが、私名義のパートナーズFXnano口座でトルコリラ円の買い増しを昨夜に実行しています。為替レート28.653と28.643で100通貨ずつの買い増しで、私名義のパートナーズFXnano口座での合計は2,300通貨(@30.767)となっています。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

2017年11月20日月曜日

中国株に負けじと日本株では株主優待銘柄を買い増し

中国株では、本土市場銘柄(深センB株)である中国南玻集団(シーエスジー・ホールディング)を新規購入しているのですが、日本株では、いくつかの株主優待銘柄の買い増しを実行しました。

まず、私名義の松井証券でフルテック(6546)を100株(@1,030)の信用買いを実行。フルテックは妻名義のSBI証券口座で4株(@1,116)の端株(S株)保有があるのですが、単元株でも購入しておきたいと考えました。

会社四季報によると、フルテックは「自動ドア開閉装置を販売・施工、保守サービスが収益源」だということです。

フルテックの今日の終値は1,031円。四季報オンラインに記載の予想PERは12.87倍で実績PBRは1.03倍、予想配当利回 2.42%となっています。

そして、100株以上の保有で1,000円相当のクオカードという内容の株主優待制度もあります。基本的には3月が権利取得月なのですが、17年のみ9月末時点で100株以上保有の株主にも贈呈だということなので、9月に権利取得したホルダーさんは、その点には注意が必要です。

次に妻名義のSBI証券口座でG−FACTORY(3474)を信用買い。G−FACTORYは私名義の松井証券口座で現物100株(@903)の保有なのですが買い増ししておきたいなということで、取得単価900円で100株の信用買いです。

G−FACTORYも株主優待制度がありますので、信用買いとは言えども、とりあえずは妻名義の口座で買い増ししておきました。優待内容は100株以上の権利取得でQUOカード1,000円相当なのですが、権利取得月は6月なので、ひょっとしたら現引きして権利取得できるかもしれないなということです。

あくまでも100株以上の権利取得で1,000円のクオカードということですから、私名義で200株の保有は株主優待から考えると意味がありませんので、2枚ゲット出来るチャンスは残しておこうと!!

スポンサーリンク

あと、私名義の松井証券口座で200株(@960)の現物保有しているバロックジャパンリミテッド(3548)のうちの100株を変則的なクロス取引で妻名義のSBI証券口座に移行。

私名義の松井証券口座で100株の現物売り、妻名義のSBI証券口座で信用買いと、いずれも成行で同時売買で移行しました。約定単価は937円となっていて、私名義の松井証券口座で100株(@960)の現物、妻名義のSBI證券口座で100株(@937)の信用買い建てのポジションとなっています。

バロックジャパンリミテッドも100株以上の株主に株主優待制度があり、私名義で200株の保有よりも、信用買いといえども妻名義でも保有しておくのが良いのではないかなと。

ちなみにバロックジャパンリミテッドの株主優待は自社店舗、通販サイトで利用できる2,000円相当のクーポンで、1月と7月の年2回の権利取得が可能です。

(関連記事) バロックジャパンリミテッド(3548)を新規購入

株式の約定は以上ですが、FXでも約定がありますので記録しておきます。私名義のSBIFXトレード口座なのですが、米ドル円を為替レート112.1316で20通貨の買い増し。これで、私名義のSBIFXトレード口座での合計は200通貨(@112.4627)となりました。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

中国株本土市場(深センB株)の200012中国南玻集団(シーエスジー・ホールディング)を新規購入

中国株の本土市場銘柄(深センB株)である200012中国南玻集団(シーエスジー・ホールディング)を内藤証券サクセストレードで新規購入しました。

中国株二季報によると中国南玻集団は、建築用ガラスの国内大手ということです。売上構成としては、平板ガラスが43.2%、建築用ガラスが32.0%、太陽光事業24.8%となっていて、地域別では中国が88%、アジアが7%、欧州が2%ということです。(いずれも2016年12月期)

この状況から考えると、米国の影響を受けにくく、中国国内の要因に左右される銘柄だと推測されます。

中国南玻集団は現在の株価指標、財務指標ともに特に見るべきものはありません。ただ、中国では古い製造ラインの閉鎖を進める政策がとられていて、同社はすでに先進的な製造ラインを保有しているので、今後に期待できるのではないかと。

中国の場合は中国政府の政策は、絶対的なものでしょうし、良くも悪くも強制力もあると考えています。中国南玻集団にとっては大きなチャンスだと考えての新規購入です。

スポンサーリンク

以下は、中国南玻集団の約定明細となります。

受渡日 17/11/24
約定株数 300 株
約定単価(外貨) 4.870 HKD
売買代金(外貨) 1,461.00 HKD
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 7.31
現地取引税(外貨) 0.47 HKD
その他(外貨) 0.73 HKD
現地受渡代金(外貨) 1,469.51 HKD
約定為替 14.51
受渡代金(円貨) 21,322 円
国内手数料(円貨) 500 円
消費税(円貨) 40 円
受渡金額(円貨) 21,862 円

この中国南玻集団の約定で、深センB株の保有は5銘柄となりました。香港株の11銘柄と合わせると中国株も11銘柄ということで、一気に増えてしまいましたね。

本土銘柄を購入している内藤証券サクセストレードに関しては、期間中に新規口座を開設するか、期間中に中国株を他社から移管すると、中国株の買いと売りの国内委託手数料を全額キャッシュバックというキャンペーン対象中ということもあり、買わずにはいられないと(笑)

香港株も内藤証券で買おうかとも迷っていたのですが、今のところはマネックス証券を継続しています。と言うのも、内藤証券の場合は円貨での取引となり、配当金も円貨での受け取りとなります。

そして、配当金を再投資しようとしても、投資信託は少額投資できませんし、そもそも購入したいと思える投資信託もありません。少額の配当金を再投資できる有効な手段がないので、キャンペーン終了後のことも考えて、本土銘柄の利用にとどまっています。

ただ、マネックス証券も香港ドルでの少額の配当金の受け取りを再投資する有効な手段は特にないので、難しいところではあるのですが・・・。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

2017年11月19日日曜日

マレーシア株のYTLP、YTLSの配当金と株式割当が確認できました

マレーシア株のYTLP(YTLパワー・インターナショナル)、YTLS(YTLコーポレーション)から配当金と株式割当が確認できました。

まず、配当金は以下のとおりです。

・YTLP(YTLパワー・インターナショナル)

1株あたりの配当金は0.05MYRで1,200株の権利取得だったので現地課税前の外貨の配当金は60.00MYR。マレーシアは配当金に対する現地課税はかかりませんから、60.00MYRそのままが配当金になります。

ただ、楽天証券は円貨での受け取りになります。その税額計算用の適用為替レートが26.53で、受け取り配当金は1,591円となっています。

・YTLS(YTLコーポレーション)

1株あたりの配当金は0.05MYRで700株の権利取得だったので現地課税前の外貨の配当金は35.00MYR。こちらもマレーシア株なので現地課税はありません。

こちらも楽天証券での保有なので、円貨での受け取りとなり、適用為替レートは26.53で受け取り配当金は928円となっています。

スポンサーリンク

そして、このYTLP、YTLSとも株式割当があり、詳細は以下のとおりです。

・YTLパワー・インターナショナルの株式割当

・割当比率: YTLP株式50株に対して同株式 1株の付与
・入庫株数: 24株
・効力発生日: 2017年10月24日
・残高反映予定日: 2017年11月16日
・株式入庫口座: 一般口座

・YTLコーポレーションの株式割当

・割当比率:YTLS株式50株に対して同株式1株の付与
・入庫株数:14株
・効力発生日:2017年10月24日
・残高反映予定日:2017年11月16日
・株式入庫口座:一般口座

上記のように株式割当があり、YTLPの保有株式は1,200株から1,224株にYTLSの保有株式は700株から714株に増加しています。

この株式割当での保有株式の増加を素直に喜んでいいのかどうかはわからないのですが、とりあえずは良しとしておきます(笑)

それにしても、アセアン株は特定口座から一般口座へ払い出しされることが多いです。何はともあれ、今年の円貨でのインカムゲインの合計は233,174円となっています。(ただし、国内課税は考慮せず。また、FXのスワップポイントは含まず。)

そして、楽天証券での受け取り配当金はいつも投資信託の購入に充てているのですが、今回もその予定です。すでに注文も入れてあり、楽天・全世界株式インデックス・ファンド、楽天・全米株式インデックス・ファンドを選択しています。

両銘柄については初めての購入なのですが、楽天証券も投資信託は100円から購入出来るので、少額の配当金を活かせます。小額の配当金も活用することで、複利効果も高まりますから、本当に有りがたい時代が来ていると思います!!

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

2017年11月18日土曜日

米国の利上げで米国株にも大きなダメージがあるかもしれない

米国の利上げで大きなダメージを受けるのは一般的には新興国だと言われているように思います。新興国に大きな投資をしている私も、それについては異論を唱えることはありません。

ただ、新興国だけではなく米国株の中にも米国の利上げで大きなダメージを受けるかもしれない銘柄はいくつもありそうです。これは、一般的に言われているような、「金利が上昇すると株価は下がる」というような内容のものではありません。

まず、一般論なのですが、これには次のような理由が挙げられています。

・理由の一つは、株価の上昇要因である会社の業績に陰りが出てくるからです。会社の借入金の支払利息の増加が収益を圧迫したり、借入金を前提にした設備投資を見直したり抑制するようになるため、生産活動が停滞し、業績が伸びなくなるからです。

・また、投資家サイドでは、住宅ローン等の金利上昇で支払利息が増え、消費が手控えられる一方、預貯金金利が上昇し、消費や株式投資より貯蓄の魅力が相対的に高まるため、株式を売却して預貯金にお金を移す動きが出てきて株価が下がることになります。

(引用元) 日本証券業協会 株式市場は何によって動くのか 金利と株価

スポンサーリンク

いずれも、ごもっともな理由であり、私もこの事については把握もしていました。ただ、先日の日本経済新聞の記事「縮む投資、カネ余りに企業拍車(モネータ女神の警告)」を見て、思ってもいない株価下落リスクが潜んでいることを知ったのです。

IT(情報技術)大手の米オラクルは今年6月に「金利が0.5%上昇すると3億4800万ドル(約400億円)の損失が出る」という試算を開示して投資家に注意を促していたとのことです。

その理由は何なのか?

オラクルは余資の運用先として大量の債券を保有しているからです。同記事によると、「1349億ドルの総資産のうち、設備など固定資産が占める比率はたった4%。半分は現金と債券だ。」ということでした。金利が上昇すれば基本的に債券価格は下落しますから、これだけ大きく膨らんでいる保有資産の下落は株価下落リスクにも十分なり得ることでしょう。

そして、これは何もオラクルだけのことではなく、米国企業もお金を溜め込む時代に突入していて、その溜め込んだ現金で債券を大量に保有するという流れは主流になっているようです。

だからどうと言うわけでもないのですが、保有銘柄の保有資産の内容を把握しておくことも必要かもしれませんね。ただ、私は自分の米国株の保有銘柄の保有資産の内容を調べる術は持ち合わせていませんが(笑)

さて、そんな中(どんな中?)ではありますが、私名義のSBIFXトレード口座で昨夜、米ドル円を買い建てしています。為替レート112.6307から112.3500まで買い下がり、平均取得単価112.4995で180通貨の買いポジションとなっています。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

2017年11月17日金曜日

ポートフォリオでの保有比率を減らしていた日本株を増強中

ポートフォリオでの株式資産クラスの保有比率を一時期は減少させていたのですが、最近は中国株に関しては、せっせせっせと増やしていました。

そして、ゲームストップ(GME)の買い増し、ゼネラル・エレクトリック(GE)の新規購入と米国株も久々の増強を実行。

その購入の原資には、日本株の売却で充てていたのですが、このあたりで売却は一段落つこうかと思っています。

すでに昨日は船井電機(6839)を単元株で、日本郵政(6178)を端株で購入していて、今日もすでに信用買いでコロプラ(3668)の新規ポジションを100株建てています。

このコロプラは、「ストツプ高で売却した3135 マーケットエンタープライズが大きく下げていたので再購入」でも書いていたようにVR(バーチャルリアリティ)銘柄として購入していて、その後のプチ上げで利食いしていました。

ここ最近は株価下落が続いていて、前回の買値を下回ってきたので再購入を検討。コロプラによると、「VRの市場の立ち上がりが想定以上に遅れている部分はあるが、その中でも収益確保を狙っている。コンシューマー向けで大ヒットしている VR のプラットフォームがまだない状況で、アミューズメント施設向けの VR 事業は少しずつ成果が出てきている。」とのことで、鵜呑みにしたわけでもないのですが、再購入を実行しています。

(参照元) MoguraVR コロプラ通期・第4四半期決算「アミューズメント施設向けVR事業で成果が出てきている」

スポンサーリンク

ここで、思うことは前回の買い建て玉は1,165円で購入していて1,355円で売却。そして、今日の約定単価は1,094円。バイ&ホールドしていれば、現時点では1円の利益も出ていないですし、それどころか含み損に陥っているのです。

利食いしていることで売却手数料、課税されているとは言うものの、最初の買付単価より安値で再購入できているのですから、言うことはありませんね!!

何があろうとバイ&ホールドを厳守していて、そのことを崇高だと考えている投資家を見かけることがあります。ただ、永久保有をしても良いのは決して銘柄選定を間違えない投資家だけではないでしょうか?

私は自分で凡才だと自覚していますから、永久保有できると断言できるような銘柄の選択は出来ません。永久保有したいと考えて購入する銘柄もありますが、あくまでも「永久保有したい」だけであり、永久保有を約束するものではないのです。

彼のバフェットも理想としての保有期間は「永久」だとしていますが、短期的の保有に終わっている銘柄もいくつもあるのですから。

別に私は、他人の投資手法にどうこう言いたいわけではありません。ただ、著名投資家の投資手法や投資理論を曲解、あるいは都合のいいとこ取りをして、それをさも唯一無二の崇高な投資だというような論調には同意はできないのです。

まあ、いずれにしても、私は私にとってのオンリーワンな投資を追究するだけです!!

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

2017年11月16日木曜日

GE太郎に触発されて、私も「GEとともに生きる」所存です

米国株ブログでの超新星であるGE太郎さんの「GEとともに生きる」は、多くの米国株ブログとは距離を置いている私も愛読しています。

投資成績は現状では惨憺たるものとなっているようですが、そのブログの文才から見ても切れ者であることは隠しきれません。株式というものは、銘柄選定に誤りがなくても短期的に、あるいは長期的にも非効率な株価をつけることは多々あります。

私はインデックス投資も行っていますが、市場は常に効率的だというような仮説には同意はしてはいないのです。

それよりも、「平均への回帰」という考え方を強く支持しています。いずれは、本来の価値に収斂するというものなのですが、その収斂するまでにかかる期間はまったくわかりません。

個別株の場合なら、なおさらわからなくなるでしょうから、最低でも5年ほどのパフォーマンスの推移を見ないと、その投資が成功しているのか、失敗なのかはわからないでしょう。

スポンサーリンク

話がそれてしまいましたが、そのGE太郎さんの「GEとともに生きる」の影響を大いに受けたこともあり、昨夜、GE(ゼネラル・エレクトリック)を新規購入しています。

17.76USDで13株の購入だったのですが、市場が開くのを待ちきれずに時間外取引での約定となっています。市場が開くまでの少しの時間を待てたなら、もう少し安値で購入できたと思いますが、もう待ちきれませんでした。一刻も早く、GE太郎さんと同じGEホルダーになりたかったのですから、これはもう仕方のなかったことなのです(笑)

GEについての、細かな指標や事業内容については、私がブログで書くまでもなく、巷にゴロゴロ転がっているでしょうから、ここでは特に書くこともありません。今後は、発表された改革がジョン・フラナリー最高経営責任者(CEO)の目論見どおりに実現するのかどうか?

そのあたりの推移を見守りたいと思います。ただ、いずれにしても株価がさらに下落するようならば、もう少し増やそうとは考えています。GEとともに、あるいはGE太郎とともに生きると私は決めたのですから(笑)

米国株の約定は、昨夜のこのGE一銘柄なのですが、今日の日本株でも約定があります。私名義の松井証券口座では船井電機(6839)を804円で100株の信用買いを実行。

船井電機は業績には見るべきものはないのですが、さらなる悪材料も今さら出ることもないかなと考えての購入です。過去にも何度も取引している銘柄でもあります。

あと、私名義のSBI証券口座の端株(S株)で日本郵政(6178)を4株の注文を入れてあります。日本郵政についても特に買いに値する材料はないのですが、この株価なら少し買っておこうかなと。

船井電機、日本郵政ともにPBRが低い銘柄なので、それだけでも買える水準かなと考えています。

ここで、私が「GEとともに生きる」と書きながらも、船井電機の約定代金の方が大きくなっていることに気がつかれた方もいらっしゃるかもしれません。ただ、そこは深く考えずに軽くスルーして下さい(笑)

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

(追記) 日本郵政の端株は無事に約定していました。端株(S株)の取引はすべて成行注文となるのですが、約定単価は1,235円だったので、まあ、良かったと思います。

そして、それよりも何よりもGE太郎さんのブログ「GEとともに生きる」が消滅していました・・・。

(追記2) GE太郎さんの消息のわからないという失意の中でFXでも約定がありますので記録しておきます。

私名義のSBIFX口座でユーロNZドルを為替レート1.718500と1.719200で50通貨ずつの売り増しで、私名義での合計は300通貨(@1.688415)となりました。

この為替レートの水準で売り建てしている私が言うのも何ですが、ユーロNZドルは、過去の為替レートから考えると2.6あたりも十分考えられるので、ポジションの建て方には細心の注意が必要だと思います。

2017年11月15日水曜日

00775に02010と中国株の医薬・バイオ銘柄を新規購入

中国株の医薬・バイオ銘柄である00775長江生命科技集団(チョンコン・ライフサイエンス)、瑞年国際(リアル・ニュートリシューティカル)を新規購入しました。

・長江生命科技集団は、中国株二季報によると、長江グループのバイオ子会社で「ヘルスケア」「アグリ」「投資」が事業の3本柱だということです。

ただ、売り上げ構成を見てみるとヘルスケア58.3%、アグリ41.6%、投資0.1%(2016/12)ということで、現状はヘルスケアとアグリの2本柱の事業内容となっています。

ヘルスケア、アグリともに私が購入を考えていたセクターなのですが、香港を代表するコングロマリットである長江グループ(長江和記実業)ということもあり購入しています。

以下は、長江生命科技集団の約定明細なのですが、本当は4,000株を買おうとしていました。取引単位が2,000株だということを忘れていて、2単元の購入をしたつもりでいたのです・・・。

受渡日 17/11/17
約定株(口)数 2,000 株(口)
約定単価(外貨) 0.610 HK$
売買代金(外貨) 1,220.00 HK$
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 0.00 HK$
現地取引税(外貨) 0.00 HK$
その他(外貨) 0.00 HK$
現地受渡代金(外貨) 1,220.00 HK$
国内手数料(外貨) 45.00 HK$
消費税(外貨) 3.60 HK$
受渡金額(外貨) 1,268.60 HK$
現地受渡代金(円貨) 17,909 円
国内手数料(円貨) 660 円
消費税(円貨) 52 円
受渡金額(円貨) 18,621 円

手数料を考えると、もう2,000株を買うのは少しためらわれます。買い増しするにしても、少し様子を見てからにしようと思います。

スポンサーリンク

・瑞年国際は、中国株二季報によると中国の健康食品メーカーで、アミノ酸サプリでは国内最大手だということです。さらに買収を通じて医薬品事業にも参入していて、目薬や抗がん剤を生産しているとのこと。

この銘柄は、PBRが0.1倍ほどということで、恐ろしいほどの割安に放置されています。株主資本比率、流動比率は高く、現金同等物も潤沢です。赤字転落とはいえども、いくら何でも安すぎるだろうと。

ただ、この割安な放置には、それなりの理由があると思われます。過去には、米グローカス・リサーチが粉飾決算を主張するリポートを発表していたようで、瑞年国際は反論して訴訟にまで発展。既に和解はしているものの、市場の不信感は払拭されていないのかもしれません。

私は、この瑞年国際に関しては、投資というよりは投機だと考えて購入しています。無価値になるかもしれませんが、大化けする可能性もあるかもしれないと。

以下は、その瑞年国際の約定明細です。

受渡日 17/11/17
約定株(口)数 4,000 株(口)
約定単価(外貨) 0.345 HK$
売買代金(外貨) 1,380.00 HK$
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 0.00 HK$
現地取引税(外貨) 0.00 HK$
その他(外貨) 0.00 HK$
現地受渡代金(外貨) 1,380.00 HK$
国内手数料(外貨) 45.00 HK$
消費税(外貨) 3.60 HK$
受渡金額(外貨) 1,428.60 HK$
現地受渡代金(円貨) 20,258 円
国内手数料(円貨) 660 円
消費税(円貨) 52 円
受渡金額(円貨) 20,970 円

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

(追記) 中国株の約定以外でも、FX、日本株の約定がありますので記録しておきます。

FXは妻名義のSBIFXトレードで豪ドルスイスフランを買い増ししました。為替レート0.758641、0.758614、0.755208で50通貨ずつの買い増しで、妻名義のSBIFXトレード口座での合計は1,050通貨(@0.764284)となっています。

日本株では、現物で100株の保有だったホーブ(1382)を売却。取得単価は1,011円で売却単価は991円なので、わずかながらも損切りとなっています。

ホーブは、イチゴ苗開発・販売を事業内容とするバイオ・医薬品関連銘柄でイチゴ果実の販売では国内シェア首位を誇る会社でした。ただ、単元株で持つほどの銘柄でもないかなとも考えていて、先日、端株購入を実行していました。

長江生命科技集団も購入したので、単元株は売却しても良いかなということです。ホーブのイチゴと長江生命科技集団のぶどうと言うことで分散も出来たので良かったのではないかと考えています。

あと、この後のことなのですが、米国株の新規銘柄を購入予定です。銘柄名は秘密にしておきますが、米国株ブログに彗星のごとく現れた偉大なるブロガー銘柄です(笑)

2017年11月14日火曜日

一帯一路の恩恵を受けそうな中国株として01829中国機械設備工程(チャイナ・マシナリー・エンジニアリング)を新規購入しました

一帯一路の恩恵を受けそうな中国株だと考えて、香港上場銘柄の01829中国機械設備工程(チャイナ・マシナリー・エンジニアリング)を新規購入しました。

中国株二季報2017年夏秋号によると、中国機械設備工程は、海外中心のインフラ建設会社ということで、アジア、アフリカ、中南米を中心に世界約48の国、地域でインフラの設計、調達、建設(EPC)を手掛けているといるとことです。

そして、インフラ建設の他に世界150の国、地域の販売網を通じて貿易事業も行っているとのことで、インフラ建設と貿易が事業の2本柱となっています。

この中国機械設備工程は、一帯一路の恩恵を受けそうな中国株を探しているなかで見つけました。一帯一路銘柄を考えたときに、やはりインフラ建設ではないかと?

そして、そのインフラ建設会社と考えたときに、01186中国鉄建(チャイナ・レールウェイ・コンストラクション)、01829中国交通建設(チャイナ・コミュニケーションズ・コンストラクション)なども中国機械設備工程より、はるかに売り上げ高が高いので購入候補に考えました。

特に中国交通建設は、一帯一路銘柄の代表格と見られているようなので、最後まで選択を迷いました。

ただ、中国機械設備工程の貿易事業というものにも一帯一路の恩恵を受けそうだと考えましたし、中国鉄建、中国交通建設と比べると収益力が高いということもあり購入に至っています。あと、予想配当利回りが約4%ということで、こちらも2銘柄と比べて高いということも購入を後押ししたでしょうか。

スポンサーリンク

以下が、中国機械設備工程の約定明細です。

受渡日 17/11/16
約定株(口)数 1,000 株(口)
約定単価(外貨) 4.800 HK$
売買代金(外貨) 4,800.00 HK$
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 0.00 HK$
現地取引税(外貨) 0.00 HK$
その他(外貨) 0.00 HK$
現地受渡代金(外貨) 4,800.00 HK$
国内手数料(外貨) 45.00 HK$
消費税(外貨) 3.60 HK$
受渡金額(外貨) 4,848.60 HK$
現地受渡代金(円貨) 70,656 円
国内手数料(円貨) 662 円
消費税(円貨) 52 円
受渡金額(円貨)
71,370 円

この中国機械設備工程の購入で中国株の合計約定代金は50万円を突破しました。まだ、新規購入を考えている銘柄はいくつかありますが、その銘柄を購入したら一段落つこうかと考えています。

あと、昨日の記事で書いていた米国株の買い増しなのですが、ゲームストップ(GME)の買い増しを実行しています。約定内容は追記で書いているので、興味のある方は前記事をご覧ください。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

(追記) 中国株ではありませんが、日本株でも約定がありますので記録しておきます。まず、私名義の松井証券口座でクックパッド(2193)の信用買い建て玉300株を現引き。現引き後の取得単価は670円なのですが、今日の終値は634円ということで、すでに5%以上の含み損に突入しています。

あと、妻名義のSBI証券口座で安江工務店をS株(端株)で買い増ししています。3株の発注で1,273円で約定していて、買付手数料を含めた約定代金は3,873円です。この買い増しで、安江工務店の合計は11株(@1,449)となっています。

2017年11月13日月曜日

損失確定に損切りと日本株の損益通算での節税と米国株の買い増し予定

今日は損失確定に損切りと日本株の損益通算デーとなりました。とは、言っても節税と言えるほどのものでもないのですが・・・。年末も近づいて来ているので出来るだけのことはやっておこうということです。

まず、損失確定はクックパッド(2193)とディー・エル・イー(3686)の2銘柄です。クックパッドは取得単価764円の現物100株の保有だったのですが、現物売りと信用買いのクロス取引を実行。658円での約定で損失確定のうえで信用買い建て玉に変更です。

クックパッドは先週末にも現物200株をクロス取引しているので、現在はすべて信用買い建て玉となっています。ただ、その現物株もクロス取引をして建て直した玉でした。クックパッドはなかなか下げ止まる気配がありませんね。

まあ、クックパッドはPBRがかなり高い銘柄なのですが、こういう銘柄は業績が悪化すると見るも無惨な指標となるので仕方ないところはあります。

例えば低PBRで低PER銘柄なら業績が悪化しても、PBRに割安感が残ることが多いですから、まだ買える材料は残ると思います。ただ、クックパッドのような高PBRながらも高収益、成長性を期待されている銘柄の場合は、業績が悪化すると買いを正当化できる指標が見当たらなくなることが多いです。

クックパッドの場合はPBRが常識の範囲内にまで低下するか、ROEが高水準に回復するか、何らかの買いを正当化できるような指標が現れるまでは株価の回復は期待できないかもしれません。

私は右肩下がりのチャートをつける銘柄は大好物なのですが、このクックパッドに関しては、増し玉は今のところ考えてはいません。下げればまた損失確定を実行しようと考えています。

スポンサーリンク

もう一つの損失確定銘柄のディー・エル・イーは、先週末に現引きしたばかりの現物100株を損失確定。損切りしようかとも考えたのですが、損失確定に落ち着きました。約定単価は422円で損失確定のうえで、信用買い建て玉に変更です、

そして、今日は損失確定だけでなく損切りも実行。基本的に私は損切りはしないので、これはかなり珍しいこととなります(笑)

その栄えある損切り銘柄は、小僧寿し(9973)です。小僧寿司はもともと指標面で見るべきものはなく、買える材料は何もない銘柄でした。株価も100円未満の完全なボロ株なのですが、こういう銘柄は思惑だけで上がることも多いので購入していました。

銘柄自体に今さら特に損切りするような材料は何もなかったのですが、まだ中国株にも買いたい銘柄があるのです。その銘柄と比較したら小僧寿司は要らないかなということで、現金捻出の意味合いでの売却となっています。損益通算にもなるのでいいだろうと、取得単価90円の現物1,000株を83円で売却です。

あと、今日は久々に米国株を買おうと考えています。新規購入ではないのですが、保有銘柄のゲームストップ(GME)を買い増しとしようと考えています。すでに3万円の追加入金、米ドルへの振替も完了していて、もともとの残金と合わせて用意できた米ドルの合計は382.90USD。

ゲームストップは含み損が大きな銘柄で、同じく含み損が大きいメーシーズ(M)の買い増しと分けようかとも考えたのですが、ゲーム・ストップ一銘柄で使ってしまおうと思います。振替が反映されるのが20時半頃でしょうから、その頃に注文を入れておこうと思います。

米国株では、ゲームストップでもなく、メーシーズでもなく、テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ(TEVA)の含み損が6割ほどということで、とてつもなく大きいのですが、TEVAの買い増しは現状では考えてはいません。

含み損の大きい順に買い増しするのではなく、銘柄の期待値の大きい順に買い増しを考えていて、TEVAは現状では増やそうと思えるだけの根拠が私の中ではないので見送りとなっています。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

(11/14) 米国株のゲームストップを記事更新後に発注して16.66USDで22株の買い増しを実行しました。最初は16.30USDで指値をしていたのですが、なかなか約定しないので、少しずつ指値を引き上げて16.66USDでの約定でした。

ただ、そのあたりが昨夜の株価のピークだったようで、終値は16.20USDとなっています。少し残念ではありますが、どうしても買い増ししておきたかったので仕方ありません。

昨夜の買付手数料を含めた約定代金の合計は371.92USDで、これでゲームストップの合計は58株(@20.71)です。今回の買い増しを含めても、まだ2割以上の含み損ということで厳しい状態はまだまだ続きそうです。

2017年11月11日土曜日

米国株にマレーシア株と外国株からの配当金のまとめ

米国株にマレーシア株と記事に出来ていない配当金がいくつかありますので、まとめておこうと思います。

まず、マネックス証券ではBKE(バックル)、MN(マニング・アンド・ネイピア)、XRX(ゼロックス)の配当金が確認できました。

・BKE(バックル)の1株あたりの配当金は0.25USD。25株の権利取得で現地課税前の配当金額は6.25USDです。BKEは現地課税が10%なので、その現地課税0.63USDを差し引いた受け取り配当金は5.62USDとなっています。

・MN(マニング・アンド・ネイピア)の1株あたりの配当金は0.08USD。238株の権利取得で現地課税前の配当金額は19.04USDです。MNの現地課税も10%なので、その現地課税1.90USDを差し引いた受け取り配当金は17.14USDとなっています。

・XRX(ゼロックス)の1株あたりの配当金は0.25USD。4株の権利取得で現地課税前の配当金額は1.00USDです。XRXも現地課税は10%なので、その現地課税0.10USDを差し引いた受け取り配当金は0.90USDとなっています。

スポンサーリンク

マネックス証券での受け取り配当金は以上ですが、XRXはワンタップバイでも配当金がありました。

・XRX(ゼロックス)の1株あたりの配当金はマネックス証券と同じく0.25USD。2.67070株の権利取得で現地課税前の配当金額は0.67USDです。現地課税も同じく10%なので、その現地課税0.07USDを差し引いた外貨での受け取り配当金額は0.60USDとなっています。

ただ、マネックス証券とは違い、ワンタップバイの配当金は円貨での受け取りです。その支払い用の為替レートが112.16円で円貨での受け取り配当金は68円となりました。

ワンタップバイでの受け取り配当金は以上です。あとは、楽天証券でマレーシア株のMBBM(マラヤン・バンキング)の配当金が確認できています。

・MBBM(マラヤン・バンキング)の1株あたりの配当金は0.23MYR。100株の権利取得で現地課税前の配当金額は23.00MYRです。マラヤン・バンキングはマレーシア株ということで現地課税はありませんので、外貨での受け取り配当金額はそのままの23.00MYRとなっています。

ただ、楽天証券も配当金は円貨での受け取りです。その支払い用の為替レートが112.16円で円貨での受け取り配当金は68円となりました。

今日の記事にした銘柄の配当金を加えた今年のインカムゲインの合計は円貨で227,655円、米ドルで82.09USDとなっています。(円貨、外貨の受取配当金とも国内課税は考慮せず。また、円貨のインカムゲインにFXのスワップポイントは含まず。)

楽天証券で受け取りした円貨での配当金は基本的に国内の投資信託の購入に充てていて、今回もその予定です。わずかな配当金も放置せずに投資信託で運用することで雪だるま式の複利効果を目論んでいるわけです。

マネックス証券、ワンタップバイでは配当金を国内の投資信託に投資することは出来ない(マネックス証券は手間と経費がかかる)ので複利効果は低下しています。

少額のポートフォリオでは受け取り配当金もさらに少額なので再投資がやりにくいんですよね・・・。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

(11/12) 外国株ではありませんが、日本株で配当金をいただいた銘柄と株主優待をいただいた銘柄がありますので追記しておきます。

まず、配当金はエコートレーディング(7427)なのですが、1株あたりの中間配当金は10.00円。私名義の口座で200株、妻名義の口座で100株と計300株の権利取得で受け取り配当金は3,000円です。(課税は考慮せず)

そして、株主優待は大冷(2883)で骨なし魚2種類と「まいたけハンバーグ」という内容でした。過去にいただいていたのはいずれも骨なし魚3種類だったのですが、今年はまいたけハンバーグが初登場ということで、ボリュームもあり私としては良かったです。

(関連記事) 2883 大冷より株主優待品 楽らくクックシリーズ骨なし魚が届きました

今回のエコートレーディングを加えた円貨でのインカムゲインの合計は230,655円となっています。(課税は考慮せず。FXのスワップポイントは含まず。)

2017年11月10日金曜日

中国株購入ラッシュ!! 香港上場銘柄の01883、03396を新規購入

最近は中国株に注目していていくつもの銘柄を購入しているのですが、今日も中信国際電訊(シティック・テレコム・インターナショナル)、聯想控股(レジェンド・ホールディングス)と中国株の香港上場銘柄を新規購入しています。

・01883 中信国際電訊(シティック・テレコム・インターナショナル)

中国株二季報によると中信国際電訊は中国中信から分離上場した通信サービスプロバイダーだということです。

最近の動向としては、「一帯一路」戦略を追い風に海外布陣を加速していて、シンガポールのAcclivis、オランダのLinx Telecomの全権益の取得が完了しています。

上記のように「一帯一路」の恩恵を受けそうな銘柄だと考えて購入しています。以下は中信国際電訊の約定明細です。

受渡日 17/11/14
約定株(口)数 1,000 株(口)
約定単価(外貨) 2.260 HK$
売買代金(外貨) 2,260.00 HK$
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 0.00 HK$
現地取引税(外貨) 0.00 HK$
その他(外貨) 0.00 HK$
現地受渡代金(外貨) 2,260.00 HK$
国内手数料(外貨) 45.00 HK$
消費税(外貨) 3.60 HK$
受渡金額(外貨) 2,308.60 HK$
現地受渡代金(円貨) 33,199 円
国内手数料(円貨) 661 円
消費税(円貨) 52 円
受渡金額(円貨) 33,912 円

スポンサーリンク

・03396 聯想控股(レジェンド・ホールディングス)

中国株二季報によると聯想控股は中国科学院系のコングロマリットで日本でもパソコンでお馴染みレノボ(聯想集団 レノボグループ)の親会社だということです。

パソコンと言えばじり貧業界なようにも感じますが、だからこそ世界最大手のレノボに注目しています。最初はレノボグループ(聯想集団)を買おうかとも考えたのですが、最低売買価格が13万円以上ということで諦めていました。

その後、二季報を見ていると聯想控股がレノボグループの親会社だということがわかったので購入となっています。以下は聯想控股の約定明細です。

受渡日 17/11/14
約定株(口)数 100 株(口)
約定単価(外貨) 21.450 HK$
売買代金(外貨) 2,145.00 HK$
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 0.00 HK$
現地取引税(外貨) 0.00 HK$
その他(外貨) 0.00 HK$
現地受渡代金(外貨) 2,145.00 HK$
国内手数料(外貨) 45.00 HK$
消費税(外貨) 3.60 HK$
受渡金額(外貨) 2,193.60 HK$
現地受渡代金(円貨) 31,510 円
国内手数料(円貨) 661 円
消費税(円貨) 52 円
受渡金額(円貨) 32,223 円

言うまでもありませんが、中信国際電訊、聯想控股とも株価水準、株価指標、財務指標などが私の購入許容範囲にあったので購入となっています。

あと、中国株ではありませんが、日本株でも約定があります。現物で300株を保有しているクックパッドなのですが、そのうちの200株の損失確定を実行。取得単価764円の現物200株が損失確定のうえで674円の信用買い建て玉となりました。

損益通算で出来る限りの節税を考えているので、今後も損失確定は積極的に実行していくつもりです。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

2017年11月9日木曜日

ポートフォリオの日本株のさらなる減少と中国株02038の新規購入

ポートフォリオの株式資産クラス、その中でも最近は日本株を減らしていたのですが、それも一段落つけようと考えていました。

ただ、あまりに強すぎる相場に対しての違和感が再燃してきたので、今日はキヤノン(7751)を売却しました。キヤノンは取得単価2,966円で100株の保有だったのですが4,440円での売却。49.70%ということで5割ほどの利食いなので、とりあえずは十分かなと。

キヤノンのような国際優良株は基本的には大化けする可能性は低いと考えています。ダブルバガーは達成するかもしれませんが、トリプルバガー以上となると難しいでしょうし、達成したとしても時間を要するのではないかと思います。

そもそも1単元の金額も大きいので、それに比例するように保有している心理的負担は大きかったのです。

そして、ブログでも何度も書いていますが、私にとっての長期投資とは必ずしも特定の銘柄の長期保有ではありません。何らかのリスク資産を保有し続けて長期的に運用するというのが私にとっての長期投資なのです。

ですから、株式を売却してFXに投資することもありますし、リートに投資することもあるでしょう。そのパターンは様々なのですが、現金余力は極力残さない。これは、大きな特徴だと思います。

もう投資に新規の追加資金は投入しないと決めていますから、投資用に用意した資金はフルに活用しようということですね。

スポンサーリンク

話がそれましたが、キヤノンの利食いで日本株の保有比率はさらに低下しています。そして、今日も中国株の新規購入を実行しています。

その銘柄は02038富智康集団有限公司(エフアイエイチ・モバイル)なのですが、中国株でも香港上場銘柄となります。 中国株二季報によると富智康集団有限公司(エフアイエイチ・モバイル)は台湾系携帯電話機メーカーで携帯電話機のEMS(受託製造サービス)で世界有数。親会社SHARPの買収で日本でもお馴染みとなった鴻海精密工業です。

香港株ということでマネックス証券で購入。株価2.31HKDで1,000株の購入で約定明細は以下のとおりです。

受渡日17/11/13
約定株(口)数1,000 株(口)
約定単価(外貨)2.310 HK$
売買代金(外貨)2,310.00 HK$
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨)0.00 HK$
現地取引税(外貨)0.00 HK$
その他(外貨)0.00 HK$
現地受渡代金(外貨)2,310.00 HK$
国内手数料(外貨)45.00 HK$
消費税(外貨)3.60 HK$
受渡金額(外貨)2,358.60 HK$
現地受渡代金(円貨)34,788 円
国内手数料(円貨)677 円
消費税(円貨)54 円
受渡金額(円貨)35,519 円

富智康集団有限公司(エフアイエイチ・モバイル)はスマホ銘柄の中では出遅れ銘柄として注目しての購入です。

あと、香港株では03396聯想控股股フン有限公司(レジェンド・ホールディングス)を購入しようと考えています。本当は今日にでも買いたかったのですが、購入資金の捻出が出来ませんでした。多分、明日は購入すると思います。

まだ新規購入を考えている香港銘柄はいくつかあるのですが、まずは種銭の捻出が必要です。 聯想控股股フン有限公司の他にもう一銘柄なら明日買えるかもしれませんので、今からもう一度考えてみようと思います!!

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

2017年11月8日水曜日

トルコの短期の外貨流動性は既に枯渇しているのか?

先日の日本経済新聞で「トルコ政府系ファンド、融資要請」というトルコに関する気になる記事を見つけていました。

記事の内容は、新株や収益分配証券などを発行してインフラ投資資金を捻出するという構想のトルコ政府系ファンドが、内閣の承認待ちで投資戦略文書も未完成という現状のなかで、本来の目的ではない融資の要請を複数の外国銀行と協議しているというものです。

中国のある銀行には50億ドルの融資を要請したということなのですが、いずれも急を要しているようで、目先の費用の獲得に必死になっている可能性もあるということです。

スポンサーリンク

この記事を見たときには、FXのトルコリラ円は含み益状態だったので、いっそのことすべて決済しようかとも考えました。結局、まったく決済はしなかったのですが、今は少し後悔しています。

今後のFRBの利上げが順調であるとするならば、さらに外貨流動性は低下すると予想されるからです。現在でも外貨流動性が枯渇しているならば、利上げが継続されればどういう状況に陥るのか?

さらなるインフレ率の上昇が頭に浮かびます。そのあたりが懸念されているのか、トルコリラは円に対しても下落しています。私のトルコリラ円投資はFXとしては比較的低いレバレッジではありますが、それでもどの口座でも2倍は超えています。

さらに、ポジションの合計は約定代金ベースで160万円ほどと大きなものとなっていますから、今後のトルコリラ円の動向には細心の注意が必要かもしれません。

私の戦略としては、トルコリラが上昇したならばポジションを少し減らすかもしれません。ただ、さらに下落が続いたとするならば損切りでのポジション減少はしない。そして、極力追加資金も投入せずに耐えるといったところでしょうか。まあ、こんなものは戦略とは呼べるものではありませんが(笑)

まあ、とりあえずは現在のFXポートフォリオのポジションで追加資金を投入せずに5年を耐えることが出来れば、それなりの形にはなると考えています。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

中国の再保険最大手の01508中国再保険(チャイナ・リインシュランス)をマネックス証券で買いました

ここ最近は、中国株の深センB株の新規購入を実行していましたが、今日は同じ中国株でも香港上場銘柄である中国再保険(チャイナリインシュランス)を新規購入しました。

中国株二季報2017年夏秋号によると中国再保険は、中国再保険最大手の中国で唯一の再保険グループだということです。その再保険の保険料収入はアジア最大級であるとのことなのですが、それにも関わらず株価は割安に放置されているように感じます。

その株価指標は同じく中国株二季報によるとPBRは0.9倍、予想配当利回りは3.4%、実績PERは13.1倍で予想PERは10.9倍。さらに現在の状況を二季報WEBで確認すると予想PERは10.68倍で予想配当利回りは3.44%ということですから、特に業績予想に悪化もなさそうです。

放置されている割安株は逆張り思考で脳内が侵食されている私としては放置しておくことは出来ません。それも、中国再保険最大手だというのに、アジア最大級の保険料収入であるというのに割安に放置されているのですから、これはもう買うしかないなと。マネックス証券で1.750で1,000株を発注。すでに無事に約定していて、その約定明細は以下のとおりです。

受渡日 17/11/10
約定株(口)数 1,000 株(口)
約定単価(外貨) 1.750 HK$
売買代金(外貨) 1,750.00 HK$
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 0.00 HK$
現地取引税(外貨) 0.00 HK$
その他(外貨) 0.00 HK$
現地受渡代金(外貨) 1,750.00 HK$
国内手数料(外貨) 45.00 HK$
消費税(外貨) 3.60 HK$
受渡金額(外貨) 1,798.60 HK$
現地受渡代金(円貨) 25,777 円
国内手数料(円貨) 662 円
消費税(円貨) 53 円
受渡金額(円貨) 26,492 円

スポンサーリンク

この中国再保険の約定明細を見ていただくとわかるのですが、マネックス証券では中国株購入の際に現地手数料、現地取引税などはかかりません。

深センB株の200550江鈴汽車(ジァンリン・モーターズ)を買いました」を見ていただくと内藤証券との違いがわかると思います。本当は深センB株などもマネックス証券で買えればいいのですが、取扱いがないので、本土銘柄は内藤証券で購入しているわけです。

今日の中国再保険の購入で香港株の保有は6銘柄となり、深センB株の4銘柄と合わせた中国株の合計は10銘柄となりました。

その他の外国株としは米国株が11銘柄、シンガポール株が4銘柄、ロシア株が1銘柄、タイ株が1銘柄、マレーシア株が4銘柄、インドネシア株が2銘柄を現在保有中です。

今後の外国株購入の予定は漠然としているのですが、香港株にしろ本土株にしろ中国株はもう少し買えればいいかなと考えています。あとは特に考えてはいないのですが、何かが脳内に舞い降りてきての突然の購入はあるかもしれません(笑)

それにしても中国株の記事を書いてもほとんどニーズがありません。この記事もごくわずかな訪問しかないのはわかってはいます。約定の内容などの記事には特に訪問はありませんので・・・。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

(追記) 米国株は11銘柄の保有だと書いていますが、ワンタップバイも含めると14銘柄となっています。

2017年11月7日火曜日

深センB株の200550江鈴汽車(ジァンリン・モーターズ)を買いました

無錫威孚高科技(ウェイフ・ハイテク)、重慶長安汽車(チョンチンチャンアン・オートモービル)、魯泰紡織(ルータイ・テキスタイル)の3銘柄で深センB株デビューを昨日果たしたのですが、もう1つ購入候補に挙げていた江鈴汽車(ジァンリン・モーターズ)を今日新たに購入しました。

昨日と同じく内藤証券サクセストレードでの購入で約定明細は以下の通りです。

受渡日 17/11/10
約定株数 100 株
約定単価(外貨) 14.640 HKD
売買代金(外貨) 1,464.00 HKD
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 7.32
現地取引税(外貨) 0.47 HKD
その他(外貨) 0.73 HKD
現地受渡代金(外貨) 1,472.52 HKD
約定為替 14.73
受渡代金(円貨) 21,690 円
国内手数料(円貨) 500 円
消費税(円貨) 40 円
受渡金額(円貨) 22,230 円

スポンサーリンク

この江鈴汽車(ジァンリン・モーターズ)の約定で深センB株は4銘柄となり、香港株の5銘柄と合わせた中国株の合計は9銘柄となりました。

ただ、香港株に関しては内藤証券では購入していなくて、SBI証券、マネックス証券を利用しています。今後は中国本土株は内藤証券、香港株はマネックス証券を利用する予定です。

それにしても中国株の人気は日本では低いですね。中国株というよりは外国株は米国株の人気独り占め状態と言ったところでしょうか。

まあ、確かに米国株は今が旬だと思います。順張りで素直にトレンドに乗った方は大きな果実を実らせていることでしょう。私なんぞは、根本的にひねくれているのか、基本的に逆張りですから、米国株の保有比率は高くありません。

そして、トレンドに乗り損ねた銘柄群を保有しているのでパフォーマンスも悪いです。特にTEVAの暴落とも言えるほどの下落が大きく足を引っ張っています。

まあ、私の場合は中国株のパフォーマンスも現状は悪いので米国株がのトレンドに乗り損ねたから、どうこうと言うようなことではないかも知れませんが・・・。

さて、話を深センB株に戻しますが、購入した銘柄以外にも狙いをつけている銘柄はいくつかあります。ただ、株価が上昇していて許容範囲を超えているので見送っています。

その銘柄は、02186緑葉製薬(リュイイエファーマ)、03799達利食品(ダーリーフーズ)、200869張裕葡萄酒(ヤンタイチャンユー)の3銘柄です。あと、200012中国南玻(CSGホールディング)、200541仏山照明(ブッサンショウメイ)にも注目していて、株価は下げているものの業績に不安があるので監視銘柄としています。

そして、今日の江鈴汽車(ジャンリンモーターズ)の購入に際しては、生活費用の銀行口座から1万円を入金。新規の資金は投入しないと決めているので、すでに松井証券口座から出金の手配はしてあります。

その松井証券口座では、ライドオンエクスプレスの現物売りを実行。ライドオンエクスプレスは取得単価952円で100株の保有でしたが1,108円での売却です。16.39%と2割りにも満たない利食いですが、下落ヘッジ関連銘柄の損失確定に現金が必要だったので実行しています。

今年はかなりの利食いを実行しているので、損益通算を出来る限りはやっておこうということですね!!

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

2017年11月6日月曜日

内藤証券Succe-s tradeで中国株深センB株デビューしたので注文約定明細を公開

上海株、深セン株と中国本土銘柄のB株に狙いをつける」、「中国株本土銘柄の購入候補を深センB株に絞りこみ4銘柄を厳選したので公開」にも書いていたように中国株の本土銘柄に狙いを定めて内藤証券に口座開設をしていたのですが、今日初めての発注をしていて無事に約定しています。

最終的に絞りこんでいた購入候補銘柄は、200550江鈴汽車(ジァンリン・モーターズ)、200581無錫威孚高科技(ウェイフ・ハイテク)、200625重慶長安汽車(チョンチンチャンアン・オートモービル)、200726魯泰紡織(ルータイ・テキスタイル)の4銘柄の深センB株となっていたのですが、種銭の都合もあり、その中から200581無錫威孚高科技(ウェイフ・ハイテク)、200625重慶長安汽車(チョンチンチャンアン・オートモービル)、200726魯泰紡織(ルータイ・テキスタイル)の3銘柄をさらに選択しています。

以下は、その3銘柄の内藤証券での深セン株デビューの注文明細と約定明細です。

・200581無錫威孚高科技(ウェイフ・ハイテク)の注文約定明細

銘柄 N3060: ウエイフハイテク
[市場コード:200581]
売買 買付
市場 深セン
口座 特定
注文株数 100 株
注文単価 17.950 HKD
概算受渡代金(円貨) 27,278 円
注文受付日 2017/11/06
発注日 2017/11/06
注文状態 発注済

受渡日 17/11/09
約定株数 100 株
約定単価(外貨) 17.950 HKD
売買代金(外貨) 1,795.00 HKD
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 8.98
現地取引税(外貨) 0.58 HKD
その他(外貨) 0.90 HKD
現地受渡代金(外貨) 1,805.46 HKD
約定為替 14.81
受渡代金(円貨) 26,738 円
国内手数料(円貨) 500 円
消費税(円貨) 40 円
受渡金額(円貨) 27,278 円

・200625重慶長安汽車(チョンチンチャンアン・オートモービル)の注文約定明細

銘柄N0850: チョンチンチャンアンオート
[市場コード:200625]
売買買付
市場深セン
口座特定
注文株数200 株
注文単価10.140 HKD
概算受渡代金(円貨)30,689 円
注文受付日2017/11/06
発注日2017/11/06
注文状態発注済

受渡日17/11/09
約定株数200 株
約定単価(外貨)10.120 HKD
売買代金(外貨)2,024.00 HKD
約定状態全部約定
現地手数料(外貨)10.12
現地取引税(外貨)0.65 HKD
その他(外貨)1.01 HKD
現地受渡代金(外貨)2,035.78 HKD
約定為替14.81
受渡代金(円貨)30,149 円
国内手数料(円貨)500 円
消費税(円貨)40 円
受渡金額(円貨)30,689 円

・200726魯泰紡織(ルータイ・テキスタイル)の注文約定明細

銘柄 N2980: ロータイボウセキ
[市場コード:200726]
売買 買付
市場 深セン
口座 特定
注文株数 200 株
注文単価 8.640 HKD
概算受渡代金(円貨) 26,280 円
注文受付日 2017/11/06
発注日 2017/11/06
注文状態 発注済

受渡日 17/11/09
約定株数 200 株
約定単価(外貨) 8.640 HKD
売買代金(外貨) 1,728.00 HKD
約定状態 全部約定
現地手数料(外貨) 8.64
現地取引税(外貨) 0.55 HKD
その他(外貨) 0.86 HKD
現地受渡代金(外貨) 1,738.05 HKD
約定為替 14.81
受渡代金(円貨) 25,740 円
国内手数料(円貨) 500 円
消費税(円貨) 40 円
受渡金額(円貨) 26,280 円

スポンサーリンク

さて、注文約定明細は上記のとおりなのですが、現地でかかる手数料は想定済みなので問題ありません。ただ、気になるのは配当金に対する現地課税です。内藤証券に問い合わせてみたところ、中国本土に登記しているB株企業の場合は10%の現地課税があるとのこと。さらに、中国本土の登記ではなくても例外の銘柄もあるとのことです。

実は購入した3銘柄については、登記の確認はしていません。私は香港市場株をいくつか保有していますが、配当金に現地課税はかかっていなかったので、深セン株とは言えども、実は購入時点では気にも留めていませんでした。

本土銘柄なら本土に登記があるのではないかと思うのですが、どのように調べたらいいのかわかりません。内藤証券に調べてもらっても良いのでしょうが、仮に現地課税があったとしても買いたい銘柄は買うでしょうから、実際の配当を待とうと思います。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

2017年11月5日日曜日

doresuwe.comは安価でファッション性も高いと思うけどどうなんだろう

先日からアドセンスと思われる広告を見て気になっているdoresuwe.com。レディース、メンズなどファッション関連の通販サイトの広告だったのですが、そのサイト内の商品が安くてファッション性も高いので注目していました。

私が何かをすすめても却下することが多い妻にも一応レディースを見せてみると珍しく悪くない反応。ただ、サイトがなんとなく怪しい。まず、問い合わせの電話番号はライブチャットとなっています。まあ、これに関しては最近はあるのかもしれません。

そして、会社概要を見てみるとやはり何となく怪しい。翻訳サイトで変換されたような少しおかしな表現が見られます。以下はサイト内の内容の一部です。

引用元doresuwe.comについて

-Doresuweはファッションウェアに関する商品のインターネット通販サイトです。日本を中心に全世界に向けて、オシャレさんのために、注目されるデザインのセレブファッション、可愛いファッション、紳士ファッションや子供ファッションを含まれて、ファッショントレンドをリーダーできる商品を取り揃えています。結婚式服装からパーティードレス、レディース&メンズファッション、シューズ、バッグ、寝具までの人気商品を安くで販売し, 最高の商品、一番のサービスを提供しています。-

「オシャレさん」「子供ファッションを含まれて」「ファッショントレンドをリーダーできる」など、どうもおかしな表現があり気になるのです。会社概要を見ても住所も見当たりません。

スポンサーリンク

何となく中国の個人の通販サイトではないかといった感じが漂っています。私は中国株も保有していますし、さらに中国本土銘柄も購入予定があるくらいなので、中国だからどうと言うわけではまったくありません。

ただ、コストパフォーマンスの高さと比べて知名度が低いような気がして気になっているのでした。ただ、今この記事を書きながらDoresuweの口コミを調べてみるとトラブルにあったとか、詐欺だというような記事が並んでいるではありませんか・・・。

記事を書くのをそっちのけで、そのトラブルにあったという記事をいくつか読んでみると、もう購入意欲は一気に減少してしまいました。

一応、さらにdoresuweのサイトを見てみると特定商取引法に基づく表示の返品先のところに住所地の記載は見つかりました。やはり中国のようです。

参考元doresuwe.com 特定商取引法に基づく表示

私が思うに多分、意図的に詐欺をしようとしているというようなことではないようには思います。ただ、多分注文にしろ何にしろ、Doresuweは翻訳サイトで日本語に対応しているので、先ずそこに問題が生じるのではないかと。

さらに個人で運営していて、そこにずさんなところが出ているのではないかと勝手に推測しているのですが・・・。まあ、いずれにしてももう購入意欲は一気に減少してしまいました。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

2017年11月4日土曜日

私の自宅の住宅ローンの債権が譲渡されたとの通知書が届いていた

昨日のことではあるのですが、西京銀行から配達証明の郵便物が届いていました。

ただ、差出人はアルヒ株式会社と株式会社西京銀行が併記されています。アルヒは現在私が住宅ローンを契約している会社なのですが、西京銀行とはまったく取引もないので深く考えず開封すらしていませんでした。

私が受け取ったのではなく妻が受け取っていたので、配達証明の郵便物だとさえ気づいていなかったのです。もう完全にその郵便物のことすら忘れていたのですが、先ほど目についたのでとりあえず開けてみようと。そこで、初めて配達証明の郵便物だと気づきました。

ひょっとして、これは重要な書類かもしれない。いったい何なのだろうと開封してみると予想外の内容がそこには記されています。住宅ローンの債権が株式会社西京銀行に譲渡されたというものでした。

特に私にとっての不都合はないようなのですが、貸主は株式会社西京銀行になるのに、返済に関する窓口はアルヒ株式会社が引き続き対応するとのことなので、何だか少しややこしいです。

それ以前に、この債権はアルヒ株式会社が私に融資した後、新生信託銀行株式会社に譲渡されていて、今回、新生信託銀行株式会社からアルヒ株式会社に再譲渡された後、さらに株式会社西京銀行に譲渡されたというものらしく、一体何やねんと言った感じです。

スポンサーリンク

て言うか、もともとはアルヒ株式会社でもなく、ソフトバンク・ファイナンスグループだったグッドローン株式会社と契約していたんですよね。住宅ローンの融資を受けたのは後にも先にもこの一回だけなのでよくわからないのですが、こういうことってよくあることなんでしょうかね?

まあ、それ以前に私は自分の契約している住宅ローンの返済状況を実はよく把握していません。もともとの契約状況はわかります。ただ、繰上返済をちょこっとしていたのですが、現在の最終返済期日すら把握していないのです・・・。

普段の小さな買い物では鬼のように厳しい目を光らせることもあるのに、住宅ローンの状況はあまりよく把握していない。我ながらおめでたい奴だと思います。

だいたい、その住宅ローンを組んでいる現在の住まいは新築の一戸建てだったのですが、ほぼ衝動買いのようなものでした。現在の住まいの前に初めて購入した中古マンションも住宅ローンは組まなかったものの、ほぼ衝動買いでした。いやー、本当におめでたい奴ですね(笑)

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

2017年11月3日金曜日

中国株本土銘柄の購入候補を深センB株に絞りこみ4銘柄を厳選したので公開

内藤証券サクセストレード口座から口座開設完了の通知メールが届いたことで、いよいよ中国株本土銘柄の購入が現実味を帯びて来ました。

実際に取引が可能になるのは、口座番号が簡易書留郵便で届いてからとなり、まだ届いていない状態ではあります。ただ、遅くとも来週には届くでしょうから、購入対象と考えていた銘柄を絞りこんでみました。

現時点での購入候補銘柄は、200550江鈴汽車(ジァンリン・モーターズ)、200581無錫威孚高科技(ウェイフ・ハイテク)、200625重慶長安汽車(チョンチンチャンアン・オートモービル)、200726魯泰紡織(ルータイ・テキスタイル)の4銘柄で、いずれも深センB株となっています。

・江鈴汽車股(ジャンリン・モーターズ)は中堅自動車メーカーで完成車や部品の製造販売を手掛けている企業です。昨年末の売上構成では完成車が91.0%、部品が9.0%となっています。

自社ブランドの「JMC」シリーズの軽トラック、米フォードの商用車「トランジット(全順)」シリーズなどが主力車種のようです。

中国株二季報2017年夏秋号でのB株株価は16.100HKD。PBR1.0倍で実績PER9.3倍、予想PER6.0倍となっています。さらに、株主資本比率50.7%、ROA5.4%、ROE10.6%、予想配当利回り6.1%ということです。

現在の株価は14.600HKD。二季報WEBによると予想PER7.57倍、予想配当利回り5.80%。細かい指標等は有料会員にならないと見られないようですが、大きな変化はなさそうですし、株価も下落しているので購入対象に絞りこみました。

・無錫威孚高科技(ウェイフ・ハイテク)は燃料噴射装置メーカー大手で自動車、トラクター、汽船、工業機械などに使用されるディーゼルエンジン用燃料噴射装置などの開発製造販売を手掛けている企業です。

昨年末の売上構成では燃料噴射システム59.8%、排ガス浄化システム35.9%、吸気システム4.2%となっています。

中国株二季報2017年夏秋号でのB株株価は18.000HKD。PBR1.2倍で実績PER9.6倍、予想PER8.0倍です。さらに、株主資本比率74.9%、ROA9.7%、ROE12.9%、予想配当利回り4.5%ということです。

現在の株価は18.000HKD。二季報WEBによると予想PER7.11倍、予想配当利回り4.40%となっています。

・重慶長安汽車(チョンチンチャンアン・オートモービル)は重慶拠点の大手自動車メーカーで中国4大自動車メーカーの一角、中国長安汽車集団傘下の上場企業です。

昨年末の売上構成では自動車100%となっています。

中国株二季報2017年夏秋号でのB株株価は10.220HKD。PBR1.0倍で実績PER4.1倍、予想PER4.0倍です。さらに、株主資本比率40.9%、ROA9.7%、ROE23.6%、予想配当利回り8.6%ということです。

現在の株価は10.140HKD。二季報WEBによると予想PER4.67倍、予想配当利回り6.34%となっています。

・魯泰紡織(ルータイ・テキスタイル)は先染織物大手でタイ企業との合弁会社として発足した綿花栽培から紡糸、捺染、製織、縫製まで手掛けているシャツ用先染生地では世界最大手の企業です。

昨年末の売上構成では先染織物72.6%、シャツ20.4%、電力・ガス1.8%となっています。

中国株二季報2017年夏秋号でのB株株価は9.080HKD。PBR1.1倍で実績PER9.5倍、予想PER8.3倍となっています。さらに、株主資本比率73.8%、ROA8.6%、ROE11.6%、予想配当利回り7.2%ということです。

現在の株価は8.640HKD。二季報WEBによると予想PER7.48倍、予想配当利回り7.87%となっています。

以上が中国株深セン市場の購入対象厳選銘柄です。ただ、現在中国株本土銘柄購入用に用意できている種銭は10万円。これでは、4銘柄の購入は厳しいですら、もう数万円は現在のポートフォリオからの捻出が必要です。

スポンサーリンク

優先順位としては、魯泰紡織(ルータイ・テキスタイル)、重慶長安汽車(チョンチンチャンアン・オートモービル)が上位になり、残金で江鈴汽車(ジァンリン・モーターズ)、無錫威孚高科技(ウェイフ・ハイテク)のどちらかをまず買おうと考えています。

余談ですが、内藤証券では現在「 中国株Welcome!キャンペーン」が実施されています。キャンペーン内容は、「取引期間の中国株国内手数料を全額キャッシュバックいたします。現地手数料・印紙税・取引所税・名義書換料・為替手数料はキャッシュバックの対象となりません。」というものなのですが、中国株本土銘柄購入を考えていて内藤証券に口座開設をしていない方には魅力的なキャンペーンだと思います。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

2017年11月2日木曜日

FX初心者のトルコリラの少額投資ならパートナーズFXnanoは大いにアリだと思う

FXのトルコリラ投資と言えば、やはりそのスワップポイントの高さが魅力だと思います。私もそうなのですがスワップポイント目当てで投資を始められた方がほとんどなのではないでしょうか?

現在、私はヒロセ通商LION FX口座、マネーパートナーズ パートナーズFXnano口座、SBIFXトレード口座でトルコリラ円に投資しているのですが、経験則から考えると少額投資ならパートナーズFXnano口座のスワップポイントは安定していると感じています。

パートナーズFXnano口座では、どの通貨ペアでも1lotが100通貨なので、SBIFXトレードの1通貨からの注文には負けるもののトルコリラ円でも少額投資が可能です。

そして、パートナーズFXnano口座の最近のトルコリラ円(買)の100通貨あたりのスワップポイントは以下の通りです。

10/26 0.95(1日分)
10/27 0.93(1日分)
10/28 付与なし
10/29 付与なし
10/30 0.93(1日分)
10/31 3.68(4日分)
11/01 0.93(1日分)

スポンサーリンク

ご覧のように100通貨1日あたりのスワップポイントは0.9台で安定しています。10/31の4日分も1日あたりに換算すると0.92ということで、とても安定しています。

SBIFXトレード口座のトルコリラ円(買)の最近のスワップポイントは、100通貨1日あたり0.87円。この数字は10/24~10/30の間の平均値ではありますから、集計の期間は少し違います。

ただ、私が見ている限りでは、SBIFXトレード口座よりもパートナーズFXnano口座のスワップポイントの方が優位性があるように感じています。

まあ、長期できっちりと確認はしていませんし、今後もSBIFXトレード口座に対してスワップポイントの優位性があるかどうかはわかりません。

ただ、FX投資の初心者がトルコリラ円で少額投資を始めるならFXnano口座という選択は大いにありだと思います。SBIFXトレード口座とともに開設しておけば、さらに良いのではないのでしょうか?

FXの場合は、くりっく363を除くと基本的に相対取引になります。提示される為替レート、スワップポイントなどFX業者により違いがあるのです。特にスワップポイントの違いは格差が大きくなることも珍しいことではありません。

さらに、業者間の格差だけではなく、高いスワップポイントを提供しているFX業者で取引していても、そのFX会社が急にスワップポイントを減額することも少なからず見られます。そのあたりを考えると取引するFX業者も分散しておくのは必要なのではないでしょうか?

あと、話はFXから少しそれますが、中国本土銘柄購入用に口座開設申込みをしていた内藤証券から口座開設完了との旨のメールが届きました。ただ、すぐに取引できる訳ではなく、口座番号が記載された案内書が簡易書留郵便で届いてからのことになります。

なので、実際の取引が出来るのは来週になるのでしょうが、松井証券口座から取りあえず10万円を種銭として出金しておきました。

余談ですが内藤証券の口座はSucce-s tredeと名づけられているのですね。その口座名にあやかって、是非ともサクセストレードしたいです!!

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング

(11/4) 昨夜のこととなりますが、私名義のFXnano口座と妻名義のSBIFXトレード口座でトルコリラ円を買い増ししています。

私名義のFXnano口座では為替レート29.540で100通貨の買い増しで、合計2,100通貨(@30.968)となりました。妻名義のSBIFXトレード口座では29.5500で140通貨の買い増しで、合計1,140通貨(@31.4073)となっています。

2017年11月1日水曜日

上海株、深セン株と中国本土上場銘柄購入用の種銭が相場の好調さ故に減少

楽天ETF日経ダブルインバースを含めて、私は下落ヘッジ関連銘柄をポートフォリオで一定の比率で常に保有しています。

当然、このところの相場の強さの中では楽天ETF日経ダブルインバースも損失が膨らんでいます。ポートフォリオ全体での実現損益が大きくプラスの状態であることもあり、今日は約定代金で100万円ほどの損失確定をクロス取引で実行しました。

スポンサーリンク

ただ、約定代金で100万円ほどと言っても損失確定自体の金額は57,860円ということで、損益通算には大きな影響はない金額ではあります。

今年はかなりの利食いをしているので、私名義の松井証券特定口座の実現損益だけでも180万円ほどの利益を計上している状態なのです。うれしい悲鳴ではあるのですが、今年はもう損益通算での節税はしきれないと思います。

課税は複利効果の妨げの大きな一因にもなるのですが、そこに囚われ過ぎるとそれはそれで投資の可能性が狭まってしまいます。私の目指している雪だるま式の複利効果とは、どんな手法であれプラスのリターンを確実に積み上げる。この一点に尽きます。

そして、どんな相場の状況でもマイナスのリターンだけは回避したいと考えていますし、新規の追加資金は投じませんから、長期投資と言えどもバイ&ホールドにも固執してはいないのです。

まあ、新規の追加資金を随時投入できたとしても、一部の個別銘柄に集中投資してバイ&ホールドと決めつけて保有するようなことはないでしょう。

何故なら、私は凡才の無知な投資家だと自覚しているからです。彼のバフェットも集中投資の優位性を説きながらも、大半の投資家は分散投資、それもS&P500のような広範囲なインンデックスで分散投資することを推奨しています。

さらには、積み立て投資のように時間の分散も推奨しているのですが、自分が無知だと自覚することが出来ればベストでなくともベターな選択をすることが出来るとの意味合いのアドバイスをしているのでしょう。

話しがそれてしまいましたが、今日の損失確定で捻出していた現金余力が減少してしまいました。私は現在、「上海株、深セン株と中国本土銘柄のB株に狙いをつける」にも書いているように上海株、深セン株と中国本土銘柄の購入を目論んでいます。複数の銘柄の購入検討していますから、今日の現金の減少は痛いところではあります。種銭捻出のために 現在のポートフォリオからまた何らかの現金捻出が必要となるかもしれません。

ただ、上海株にしろ深セン株にしろ中国本土上場銘柄の購入ありきで現金捻出をすることはありません。現在のポートフォリオの保有資産で中国本土上場銘柄の購入検討銘柄よりも期待値の低いものが見つかれば売却しようと思います。

それにしても日本市場も含めて、相場は本当に強いですね。下落ヘッジ関連銘柄を相当な比率で保有していても資産は減少しないのですから、本当に驚きです。

たらればで言うと、下落ヘッジ関連銘柄を保有していなければ私の口座資産も大きく増加していたのでしょうが、私の投資方針はあくまでも絶対収益の追求なのですから、ここはただ指を咥えて見ておこうと思います。

☆訪問ありがとうございます。当ブログ複利の雪だるまはブログランキングに参加中!

株 中長期投資ブログランキング