2017年8月18日金曜日

パートナズFX メキシコペソ円(MXN/JPY)でのインカムゲインの宴が始まりました

昨日の記事でも書いていたようにマネーパートナーズの「パートナーズFX nano」でメキシコペソ円のデビューをしていますが、今日は通常の「パートナーズFX」で本格的にデビューしました。

株式を売却して用意した軍資金は18万円。そこから、まずヒロセ通商のLION FX口座に1万円をクイック入金。残った17万円を「パートナーズFX」に入金です。

そして、早速6.125円で6lot(60,000通貨)の購入。パートナーズFX nanoは100通貨が1lotでしたが、パートナーズFXは10,000通貨が1lotとなっています。メキシコペソ円の場合はレバレッジ1倍の10,000通貨でも6万円強なのでパートナーズ FXでも敷居は低いです。

そして、スプレッドは5銭ということで、nanoの10銭よりも狭いので、マネーパートナーズでメキシコペソ円を取引する場合はパートナーズFXが有利だと思います。

当たり前にも感じるのですが、マネーパートナーズに色々と質問したところ、必ずしもパートナーズFXが有利な訳ではなく、通貨によってはnanoの方が有利な場合もあるようです。

何はともあれ、パートナーズFXで60,000通貨の買いポジションということで、想定年間スワップポイントは32,850円。これは、10,000通貨あたり1日15円での計算ですが、この場合のスワップポイント利回りは年間19.32%。

もちろん、スワップポイントは変動があるとは思います。ただ、くりっく365でもメキシコペソ円の取扱いが始まりますから、それを考えるとマネーパートナーズが大きく減らすような可能性は少ないと考えています。

ちなみに、くりっく365では10万通貨単位の取引になるようですから、敷居が高いと思います。

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

2017年8月17日木曜日

休眠口座になりそうだったマネーパートナーズが大活躍の予感

FXの高金利通貨に再び心を奪われている今日この頃なのですが、休眠口座になりそうだったマネーパートナーズに思わぬ発見がありました。

それは、7/17からメキシコペソ円の取扱いを始めていることです。メキシコペソ円はヒロセ通商のLION FXでも取扱いはあるのですが、スワップポイントがあまりに低いのでスルーしていたのです。

昨日、たまたまマネーパートナーズでメキシコペソ円の取扱いがあることを知り、スワップポイントも魅力的な水準であることも確認できました。マネーパートナーズには通常のFXとごく少額から取引可能な「Fx nano」があります。

カスタマーに電話して確認すると、昨日のスワップポイントは通常のFXが10,000通貨あたり15円、nanoが100通貨あたり0.11円とのことです。もちろん日々の変動はあるのでしょうが、それを考慮しても魅力的な水準です。

口座を確認すると、キャンペーンか何かでいただいていた1,000円の現金がnanoに残っていました。nanoならメキシコペソ円は100通貨単位で買えるので、早速注文です。6.246円で300通貨を購入しました。

1日あたりのスワップポイント0.11円で単純計算すると300通貨では年間120.45円の付与を期待できます。元金は1,000円なので想定利回りは12%ほどになります。残っていた1,000円の使い途としては、まずまずのところではないでしょうか(笑)

ただ、10,000通貨あたりの15円は魅力的ですから、追加入金をする手はずは整えています。現ポートフォリオから捻出した私名義のFXに使える資金は18万円。これを、ヒロセ通商とマネーパートナーズに分けて入金するのですが、現時点ではヒロセ通商に1万円、マネーパートナーズに17万円の配分で考えています。

FXに心を奪われている、そんな中で株式は今日もポジションを縮小。私名義の松井証券口座なのですが、昨日も売却しているエンビプロ・ホールディングスを100株現物売り。取得単価は529円で売却単価は844円なので、59.55%と6割りほどの利食いです。

とうとう残りは100株となってしまったので、その100株は出来る限りホールドしようと考えているのですが、明日になればどうなるかはわかりません(笑)

その代金を利用してクックパッド(2193) を現引き。クックパッドは、クロス取引で損失確定していた信用買い建て玉が805円で100株、765円で200株というポジションでしたが、765円の建て玉を100株現引きです。

そして、株式ではなく心を奪われているFXでもポジションを縮小。妻名義のLION FX口座のニュージーランドドル円のポジションをマルにしました。マルにしたといってもニュージーランドドルは79.979円で1,000通貨のみの保有でしたが、80.442円で売却。

今日、妻名義のLION FXには2万円の入金をして、元金の合計は55万円にしたのですが、それでもレバレッジは2.6倍台だったので減らしておこうと。売却後のレバレッジは2.5倍ほどなのですが、しばらくは様子を見ようと思います。

ただ、妻名義の口座では、売却で捻出できそうな株式が現状では見当たりません。私名義の口座なら現金を捻出できるのですが、資金の出所だけは、きっちり分けておかないと税務上ややこしくなるので、そこは完全に一線を引いています。

あと、再び株式に戻るのですが、妻名義のSBI証券口座でS株の約定がありました。アイドママーケティングコミュニケーション(9466)を13株現物買い注文をしていて、665円で約定でした。買付手数料54円を含めた約定代金は8,699円。これで、アイドママーケティングコミュニケーションは、合計30株(@689)となっています。本当は、単元株で欲しい銘柄なのですが、株式のポジション縮小中ということで・・・。

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング

2017年8月16日水曜日

株式市場に対する嫌な気配をどうしても払拭できないのでポジション縮小を継続中

異常としか思えない低ボラティリティの継続が依然として続いていることもあり、私の中の株式市場に対する嫌な気配も消えることなく続いています。

私の場合は、信用取引を利用してレバレッジを効かせていますから、こういう時はポジション縮小を優先することにしています。

ということで、今日も私名義の松井証券口座では、いくつかの銘柄を売却しました。まず、エンビプロ・ホールディングス(5698)を現物売り。平均取得単価529円で300株の保有でしたが、811円で100株の売却です。

エンビプロ・ホールディングスは最も期待している銘柄の一つとして、一時期は私のポートフォリオでの保有比率の高い銘柄でしたが、残りは200株。今日の終値も836円ということで、まだまだ上昇しそうな気配も感じます。ただ、買値から53.31%と5割りを超える上昇ということで、利食いの誘惑に抗えませんでした(笑)

さらに、ゲンダイエージェンシー(2411)、シダックス(4837)も現物売りしています。ゲンダイエージェンシーは、ここ最近では最も期待している銘柄の一つですが、600株は少し多い気がしたので200株の売却。平均取得単価は571円で売却単価は567円ということで、僅かではありますが損切りでの売却です。

シダックスは、この前の現引きで300株(@431)の現物保有となっていたのですが、妻名義でも100株を保有していて、そもそもが株主優待狙いの銘柄でした。業績の最悪期は脱したと考えての増し玉をしていたのですが、やっぱり100株ずつの株主優待狙いで十分かなと200株を437円で売却しました。

そして、その代金を利用してシャルレ(9885)の信用買い建て玉500株を現引き。現金は、まだ余力がありますが、FXに投入を考えているので、他の銘柄の現引きは見合せました。というよりも、FXに資金を投入したいのが先にあり、株式を売却していると言う噂もありますから(笑)

そのFXなのですが、ヒロセ通商から午前中にID、パスワードが届いたので、捻出できる限りの9万円を早速入金。松井証券口座に残した現金は、まだ出金できないのですが、出金可能となり次第、追加入金する予定です。

そして、9万円とはいえ、入金した以上は取引をしないわけにはいきません。ザイFXとのタイアップキャンペーンを何としても達成しておきたかったのです。

口座開設前には、南アフリカランド円の10,000通貨の新規建てで、口座開設キャンペーン達成を考えていました。南アフリカランド円の10,000通貨ならレバレッジをかけなくても9万円あれば十分に達成できるからです。

キャンペーン達成のキャッシュバックは4,000円なのですが、ヒロセ通商のキャンペーンの中では達成の敷居がかなり低いと思います。

ただ、南アフリカランドは少し円安方向に振れてしまっていました。ここ最近、妻名義のLION FX口座では、8.1台で買い増ししていたのですが、今日は8.3台まで円が下落しています。

ちなみに妻名義の南アフリカランド円の総ポジションの平均取得単価は8.253円です。こうなると南アフリカランド円10,000通貨での達成は少し損した気持ちになるのでやめました。

そこで、候補に挙げたのはトルコリラ円。そもそもトルコリラ円は本命なのですが、9万円の元金では10,000通貨は無謀なので現時点では除外していたのです。

ただ、株式の売却で追加入金の確保も十分に出来たので、トルコリラ円をとりあえず買えるだけ買おうということに決めました。そして、31.293円で2,000通貨、31.289円で1,000通貨、31.286円で2,000通貨、31.282円で1,000通貨の合計6,000通貨を購入。

ここまで来たらキャンペーンを達成してしまおうと南アフリカランド円を8.309円で4,000通貨の購入。キャンペーンの応募も完了です。

ここまでは、私名義の口座の取引なのですが、妻名義のSBI証券口座でも株式の取引がありました。すべて、S株の取引なのですが、まず安江工務店(1439)を3株の現物買い注文。1,431円で約定していて、手数料を含めた約定代金は7,209円。これで、安江工務店は合計8株(@1,508)となりました。

そして、翻訳センター(2483)、アイドママーケティングコミュニケーション(9466)もS株で現物買い注文。翻訳センターは1株の注文で3,795円で約定。手数料を含めた約定代金は3,849円で、合計2株(@3,887)となりました。

アイドママーケティングコミュニケーションは、7株の注文で670円で約定。手数料を含めた約定代金は4,744円で、合計17株(@704)となっています。

今日の現物買いは、アズマハウスの売却代金の残を充てているのですが、注文時点ではほとんど余力がなくなってしまいました。安江工務店、アイドママーケティングコミュニケーションなどは下げれば買い増ししたいと考えているので、現物売りも実行。

そこで、ダブルバガーでの売却達成可能銘柄のエンバイオ・ホールディングス(6092)を現物売り。S株で取得単価579円で6株の保有でしたが、1,318円で約定とめでたくダブルバガー達成です!!

この売却と拘束資金の返却もあり、現金はとりあえず10,000円ほどに回復。S株は成行注文なので、約定するまではストップ高水準の現金を拘束されるのです。

以上が今日の約定のすべてですが、とりあえず嫌な気配を払拭できるまでは株式のポジションを大きく増やすことは控えようと考えています。まあ、数分後には気が変わっているかもしれませんが・・・(笑)

☆訪問ありがとうございます。応援していただけると記事更新の励みになります!

株 中長期投資ブログランキング